neontop12.jpg

News rssicon

NEONTALK 2018年6月号(vol.201)

更新日:2018年05月24日

読み物

◎「後日談」へようこそ 5/13ライブ|若林優也
◎みしろのお茶飲みインタビュー  ゲスト:飯田剛さん|三代かなこ
◎サバイバルエッセイ [ I think...] 125. ワールドカップが始まっても僕が生き残るために
◎名もなき往復書簡 “0 to 0” GOKU→植草四郎

編集:大沢夏海
表紙イラスト:小林千里
印刷:奥山印刷工業株式会社


NEONTALK 2018年5月号(vol.200)

更新日:2018年04月26日


読み物

◎「後日談」へようこそ ライブイベント「Throw me away!」|若林優也
◎みしろのお茶飲みインタビュー  ゲスト:小林千里さん|三代かなこ
◎サバイバルエッセイ [ I think...] 124. 選ばれても僕が生き残るために
◎名もなき往復書簡 “0 to 0” 植草四郎→GOKU

編集:大沢夏海
表紙イラスト:小林千里
印刷:奥山印刷工業株式会社

NEONTALK 2018年4月号(vol.199)

更新日:2018年03月29日


読み物

◎「後日談」へようこそ「3/17 金馬車企画イベント「見晴らしのいい小屋」」|若林優也
◎みしろのお茶飲みインタビュー  ゲスト:小林千里さん|三代かなこ
◎サバイバルエッセイ [ I think...] 123.選ばれなくても僕が生き残るために
◎名もなき往復書簡 “0 to 0” GOKU→植草四郎

編集:大沢夏海
表紙イラスト:小林千里
印刷:奥山印刷工業株式会社


Blog rssicon


Archives rssicon


Pick Up rssicon

ネオンホール

開催日:1992年01月01日


スケジュールページへ

続きを読む

ライブ

開催日:2018年05月26日

■出演
相川大空
The Osmes
児玉瑞木
三代香奈子
ほか

続きを読む

花田裕之 ~信州流れ 2018~

開催日:2018年06月09日


硬派なロックンロールを展開し、ギタリスト、ヴォーカリストとして80年代の日本のロック界をリードした、元ルースターズ、ロックンロール・ジプシーズ、band HANADAの花田裕之さんが今年もネオンホールにやってきます!ロックの日(日本だけでしょうけど)にふさわしいイベント!
■出演=花田裕之

■予約=ticket@neonhall.com

続きを読む

ライブイベント「Thraw me away2」

開催日:2018年06月23日

いわゆる通常ブッキングライブ(特別なテーマを設定せずに組まれたライブ。ライブイベントとは区別される)が(度をすぎたというか)準備段階で楽しくなっちゃって“イベント”化したライブの二回目です。*第一回目のレポートは先月のネオントークの『Bar後日談』を参照。かといってテーマやコンセプトはなく、ナツミ(ネオンホール)と尾崎くん(kazzad/the Osmesのギタリスト)が興味関心や好奇心の向くままブッキングしています。今回は松本からニイタカヤマ解散後のながともさんが始めためおと居間ガジェットユニット「煩悩アレルギー」。サックスのゆりっぺ(ex. ジ・オーパーツ)がリーダの5人組“なんとなくノーウェーブ”パンクバンド「The Osmes(ジ・オスメス)」、どうしようもなく哀愁漂う日本語ブルース3人組「茶臼山セッション」、役者による噺家集団“焼酎亭”長野支部に所属するこうちゃんこと「焼酎亭呑み鉄」さんの落語をお送りします。お酒が進むカラリと楽しい夜の予感。
■出演
煩悩アレルギー(松本)
The Osmes
茶臼山セッション
焼酎亭呑み鉄(落語)

■予約=ticket@neonhall.com
煩悩アレルギー

The Osmes

茶臼山セッション

続きを読む

ふちがみとふなと ライブ

開催日:2018年06月24日

ウッドベースと女性ヴォーカルという極めてシンプルな構成から繰り出される、ささやかで果てしなく、涙あり笑いあり!の素晴らしい歌の数々…京都インディーシーンのまさに通奏低音的存在である「ふちがみとふなと」さんがネオンホールにやってきます!!共演はおなじみ権堂代表の弾き語りスト「The End」、愉快痛快フォーキーロック集団「チョコレートタウンオーケストラ」、歌とベースのミニマムてへぺろユニット「金馬車」が登場します。お見逃しなく!
■出演
ふちがみとふなと(京都)
The End
金馬車
チョコレートタウンオーケストラ

続きを読む


▲上へ戻る