neontop12.jpg

News rssicon

NEONTALK 2018年6月号(vol.201)

更新日:2018年05月24日

読み物

◎「後日談」へようこそ 5/13ライブ|若林優也
◎みしろのお茶飲みインタビュー  ゲスト:飯田剛さん|三代かなこ
◎サバイバルエッセイ [ I think...] 125. ワールドカップが始まっても僕が生き残るために
◎名もなき往復書簡 “0 to 0” GOKU→植草四郎

編集:大沢夏海
表紙イラスト:小林千里
印刷:奥山印刷工業株式会社


NEONTALK 2018年5月号(vol.200)

更新日:2018年04月26日


読み物

◎「後日談」へようこそ ライブイベント「Throw me away!」|若林優也
◎みしろのお茶飲みインタビュー  ゲスト:小林千里さん|三代かなこ
◎サバイバルエッセイ [ I think...] 124. 選ばれても僕が生き残るために
◎名もなき往復書簡 “0 to 0” 植草四郎→GOKU

編集:大沢夏海
表紙イラスト:小林千里
印刷:奥山印刷工業株式会社

NEONTALK 2018年4月号(vol.199)

更新日:2018年03月29日


読み物

◎「後日談」へようこそ「3/17 金馬車企画イベント「見晴らしのいい小屋」」|若林優也
◎みしろのお茶飲みインタビュー  ゲスト:小林千里さん|三代かなこ
◎サバイバルエッセイ [ I think...] 123.選ばれなくても僕が生き残るために
◎名もなき往復書簡 “0 to 0” GOKU→植草四郎

編集:大沢夏海
表紙イラスト:小林千里
印刷:奥山印刷工業株式会社


Blog rssicon


Archives rssicon


Pick Up rssicon

ライブイベント「Thraw me away2」

開催日:2018年06月23日

いわゆる通常ブッキングライブ(特別なテーマを設定せずに組まれたライブ。ライブイベントとは区別される)が(度をすぎたというか)準備段階で楽しくなっちゃって“イベント”化したライブの二回目です。*第一回目のレポートは先月のネオントークの『Bar後日談』を参照。かといってテーマやコンセプトはなく、ナツミ(ネオンホール)と尾崎くん(kazzad/the Osmesのギタリスト)が興味関心や好奇心の向くままブッキングしています。今回は松本からニイタカヤマ解散後のながともさんが始めためおと居間ガジェットユニット「煩悩アレルギー」。サックスのゆりっぺ(ex. ジ・オーパーツ)がリーダの5人組“なんとなくノーウェーブ”パンクバンド「The Osmes(ジ・オスメス)」、どうしようもなく哀愁漂う日本語ブルース3人組「茶臼山セッション」、役者による噺家集団“焼酎亭”長野支部に所属するこうちゃんこと「焼酎亭呑み鉄」さんの落語をお送りします。お酒が進むカラリと楽しい夜の予感。
■出演
煩悩アレルギー(松本)
The Osmes
茶臼山セッション
焼酎亭呑み鉄(落語)
ひとり前川エクスプロージョン

■予約=ticket@neonhall.com
煩悩アレルギー

The Osmes

茶臼山セッション

続きを読む

ふちがみとふなと ライブ

開催日:2018年06月24日

ウッドベースと女性ヴォーカルという極めてシンプルな構成から繰り出される、ささやかで果てしなく、涙あり笑いあり!の素晴らしい歌の数々…京都インディーシーンのまさに通奏低音的存在である「ふちがみとふなと」さんがネオンホールにやってきます!!共演はおなじみ権堂代表の弾き語りスト「The End」、愉快痛快フォーキーロック集団「チョコレートタウンオーケストラ」、歌とベースのミニマムてへぺろユニット「金馬車」が登場します。お見逃しなく!
■出演
ふちがみとふなと(京都)
The End
金馬車
チョコレートタウンオーケストラ

続きを読む

ライブイベント「たなぼた祭」

開催日:2018年07月07日


10年以上前からネオンホールに出演し続け、意味深くもユーモアのある詩の世界と鋭いギタープレイで最高のライブパフォーマンスを何度も見せてくれている大阪のシンガーソングライター正垣さんが3ピースバンドでネオンホールに帰ってきます!
地元からは長らく正垣さんと親交のある長野発のレジェンドシンガソングライター「The End」、毎度お騒がせロックバンド「前川エクスプロージョン」中野の愉快なアコースティック3人組「夕暮レおかわり少年団」という楽しげ極まるメンツでお送りします。
■出演
ザ・スリーバント(大阪) 前川エクスプロージョン
夕暮レおかわり少年団
The End

前川エクスプロージョン

夕暮レおかわり少年団

続きを読む

ネオンホールプロデュース演劇公演 『班女』

開催日:2018年07月13日


■作=三島由紀夫
■演出=シモン羽布
■出演=伊藤優、つちやひろこ、増沢たまみ

古の能、『班女』。一九五六年三島由紀夫氏が、近代能楽集の中の一編として記した。 愛する人と生き別れ、慟哭を一身に纏う『花子』 それを、あざ笑うかのような『吉雄』 ふたりの間の壁になろうとする女『実子』 私は、この物語の存在自体を、今の世に問うてみたいのです。
(シモン羽布)

続きを読む

スーパーネオンホール2018夏

開催日:2018年07月15日



今年もちゃんと夏が来たということで、スーパーネオンホールやります。今年は演劇『班女』2デイズ3公演からのスーパーネオンというわけでで1日限定の開催です。 大阪から初期のアンドヤング、京都?から風の又サニー、新潟からはおなじみコント集団中央ヤマモダン、特別出店は京都からゆすらごさんが初登場です。長野のアーティストもごった煮だけどクオリティー高し。いい音楽、いい舞台、会いたい人に会える日になるはず。昼過ぎから夜中まで楽しんでいってください。
出演
初期のアンドヤング(大阪)
風の又サニー
中央ヤマモダン(新潟)*コント
チャスチャイクスキシュ
大人のリゾート鉄道
The Osmes
コスモス鉄道
金馬車
児玉瑞木
ごま
ザ・スーパーアメリカンフットボール
茶臼山セッション
チョコレートタウンオーケストラ
padge
ハナダイズ
velocity quarters
前川エクスプロージョン
前田斜め×シャチ由美子 *演劇
松田朕佳 *アートパフォーマンス
やすみ
The End *映像?

転換DJ:ナカジ ほか
転換VJ:放課後音楽室のみなさん
特別出店:ゆすらご(京都)、スナック陣場笛(終演後)
■予約=ticket@neonhall.com
チラシイラスト:原コウタ

アートメントNAGANO 2018
フリンジ長野
参加プログラムです。

続きを読む


▲上へ戻る