neontop12.jpg

What's

ネオンホールって?

最新スケジュール

ライブハウス/小劇場/アートスペースと銘打っていますが、実際の所は分類不能な第三の道を模索する運営体、がネオンホールです。現実としては、ロックバンドやアコースティックミュージシャンのライブプログラムやイベントが多く、地元劇団の小劇場的演劇、舞踏、パフォーマンス、映画上映会、朗読会、がよく見られるプログラムとしてスケジュールを賑わせています。希にお笑い(長野のお笑い人脈不足を嘆きます…)・展覧会・クラブ的イベント、レクチャー、各種ワークショップ、フリーマーケット?…その他もろもろの予定が入ります。また、基本的にイベントと並行してカフェバーとしての営業も行っています。

ブッキングに関して

お問い合わせ

●ブッキングに関しては、まずはE-mail、もしくはお電話でお問い合わせ下さい。 (電話の方が早いです。)

■tel&fax:026-237-2719
■e-mail:info@neonhall.com

●ライブの通常ブッキングに関しては、現在システムを見直し中ですが、予定が空いていれば話が早い場合も多いので、どしどし電話およびe-mailを!お待ちしております。 (最初はデモテープ等をお送りいただけると嬉しいですね。)

■address:〒380-0833 長野市権堂2344 2F

マップ

長野駅から来る場合
長野東急とC-ONE(スターバックスコーヒーがある)の脇の道、タリーズコーヒーやタワーレコードがある通りをひたすら直進します.決して曲がらないで下さい。昭和通り、権堂アーケードを過ぎてまだまっすぐ行くと...左手に見えてきます.
長電権堂駅/権堂アーケードからくる場合
アーケードを善光寺方向に向かって進み、真ん中の「ラーメン大学」との四ッ角を北に上って2分ほど歩いて交差点で右手2階に見えます.入り口は北側、階段で2階へどうぞ.
自動車で来る場合
中央通りからだと善光寺を前にして坂を上り、権堂入り口が過ぎたところで次の信号、(左手に”しんきん”あり)を右折、しばらく行くと左手に公衆便所(「カラフルハウス」)がありその向かいです.駐車場はありませんが、近くに沢山の有料パーキングがあります.


スタッフ

staff-tetsuro.jpg

小川哲郎

高校生の頃からネオンホールでライブをしはじめる。高校卒業後はネオンホールとゆかりの深い信州大学教育学部・美術科に進学。2006年に大学卒業後、ネオンホールの店長的存在になる。音響・照明、レコーディングから平日のカウンター作業、ブッキング、フライヤー配りなど…をこなしている。いくつかのバンドを経て現在はバンド「ジ・オーパーツ」や個人名義の弾き語りで活動中。

staff_natsumi.jpg

大沢夏海

夏に海のそばで生まれて、東京で女子高生をする。長野の大学生になって、ネオンホールに流れ着く。2007年春に信州大学教育学部数学科卒、同時にバイトも卒業…とおもいきや最近はWEB制作会社でデザインの出稼ぎ修行をしながら、ネオンホールの企画運営、権堂周辺のチラシ制作、たまに舞台照明を担当している。「チョコレートタウンオーケストラ」「ジ・オーパーツ」「スロウライ」のベーシスト。

staff_kasuppekun.jpg

春日孝文

チョコレートタウンオーケストラのギタリストとしてネオンホールに登場し、いろいろ経てネオン主要スタッフの1人に。主に音響担当。平日もちょこちょこあらわれ、細かな作業をしている。

staff-jima2.jpg

下島裕二

音楽と機材と温泉と海釣りを愛する男。長野高専を卒業し現在はメーカー勤務。ほとんどいないくせにスタッフ歴だけは長いです。ネオンホールでは主に音響・照明、レコーディング等を担当。最近は「夕暮レおかわり少年団」でウクレレとコーラスをとる。人でも物でも「そいつらしさ」のあるやつが好きです

staff-marcy.jpg

堀井まーし

1982年生まれ、大阪府大阪市出身。信州大学人文学部非言語コミュニケーション学科卒業。「ろんづ」のVo&Gtを担当、2006年3月より音響・照明スタッフとしてネオンホール入り。文学少年期を終え、アヴァンギャルド青年期に突入。真横から照明をぶち当てるのが好きです。

staff-simizu3.jpg

清水隆史

奈良県奈良市生まれ。信州大学教育学部卒、同大学院中退。在学中の1992年にネオンホールを立ち上げ、90年代は無理矢理ネオンホールに住みながら運営を続けた。現在は長野市を拠点にフォトグラファー・フリーライターとして活動している。喫茶・ギャラリー・編集室である「ナノグラフィカ」メンバー。「OGRE YOU ASSHOLE」のベーシストでもある。 →「街並み」日記


▲上へ戻る