nepontop11.jpg

Blog rssicon

週刊 中川よしのの400字 349

更新日:2020年09月13日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20200902-01-01.jpg

■デザイン
ネオンホール内/わいきき制作室/大沢夏海

長野市民日記 314

更新日:2020年08月30日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、店番をした。
 自営業便利屋のボク。本日は定期的にやっている古本屋の仕事。店番の仕事。
 「レコード三枚で300円になります~」
 古本屋といっても中古レコードも売っている。中古DVD中古CDも売っている。
 「さ、パソコンやるかな~」
 デカめのノートパソコンをカウンター机に広げるボク。“Windows10”のOSを立ち上げる。
 「この雑誌はいくらで売れるかな~」
ネットオークションである。最近、店主(友人)の指示で商品をネットオークションに出品している。
「“『月刊ロードショー』モンスターパニック特集・ジョーズのすべて。表紙背表紙にキズ、ヤケ有ります“っと」
 古い映画雑誌を出品するための文章を作成。
続けて二冊分の商品の文章を作成。
 「ちょっと休憩」
 カピバラの動画を観て小休止するのだった。

週刊 中川よしのの400字 348

更新日:2020年08月25日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20200825-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年生まれ、おじさん男子。
小説のほかに戯曲や詩作も行う。
朗読かもしれない謎の活動もしている。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

長野市民日記 313

更新日:2020年08月20日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、教会でスピーチした。
 キリスト教徒のボク。本日は久々に集会に参加した。事前に神父様から“礼拝者スピーチ”を依頼されていたので集会内で登壇。スピーチした。
 「ボクは他者と雑談をすることが大事だと思います」雑談を奨励するボク。
 「なぜなら他者と平和に暮らしていくには雑談をしていくしか方法がないからだと思うからです」力説する。
 「たとえば、政治交渉や商談はいざとなったら破談します。しかし雑談には破談がない。“最近、楽しいことあった?”のような雑談に破談は無い。そして雑談している相手とは戦争になりにくい」展開する。
 「ゆえに他者と平和に暮らしていく上で雑談をすること。そして雑談を継続することが大事だと思うのです」もう一度主張。
 「以上です。イエス・キリストの名においてアーメン」降壇した。

週刊 中川よしのの400字 347

更新日:2020年08月18日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20200817-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年生まれ、おじさん男子。
小説のほかに戯曲や詩作も行う。
朗読かもしれない謎の活動もしている。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

週刊 中川よしのの400字 346

更新日:2020年08月11日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20200811-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年生まれ、おじさん男子。
小説のほかに戯曲や詩作も行う。
朗読かもしれない謎の活動もしている。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

長野市民日記 312

更新日:2020年08月10日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、お墓参りに行った。
 ボクの家のお墓は長野市営墓地の中にある。浅川という地域の山の上にあるのだ。
 「あ~えらい登るな~」
 いつも思うのだがかなり道中遠い。標高高い。“ブイイ~ン”ボクのまたがる原チャリも頑張っている。
 「あ~長野の街があんなに小さく見える~」カーブで見える風景が格別。
 山の山頂部分に来た。墓が段々に石のプレートを備え付けて並んでいる。寺によくあるタイプの形ではない。我家の墓があるセクションに到着したので原チャリを止める。
 「あ~これこれ~」
 階段を登ってある列の中に家の墓を発見。お参りする。「南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏…」ナムナムする。
 「あ、眠い」お参りが終了したので帰宅であるがここで眠気。墓地の一角にベンチ発見。
“ゴロリ”しばしお昼寝した。

週刊 中川よしのの400字 345

更新日:2020年08月09日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20200804-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年生まれ、おじさん男子。
小説のほかに戯曲や詩作も行う。
朗読かもしれない謎の活動もしている。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

長野市民日記 311

更新日:2020年07月30日|書いた人:【連載】長野市民日記


 今日は、飯綱町へ行った。
 自営業便利屋のボク。本日は草取りの仕事。
とある老夫婦の家で草取りの仕事。いつもと違うのはそのお宅が遠いということ。隣町の飯綱町だということ。
 「あ~なんか涼し~」原チャリを走らせて高原の飯綱町を行く。高原ゆえに長野市街より気温が低い。
 「来ました~!」
 お客のMさん宅に到着。去年ぶりに到着。作業に入る。
 「うわ~!ボーボーだ~」丈の長いイネ科の草が繁茂。せっせと鎌で刈りとってできるだけ折り曲げてゴミ袋につめる。
 「あ、ちょうちょだ」長野市街では見ることがない黒い蝶々がそばを飛んでいく。
 3時間で作業終了。5千円もらった。
 「ほんじゃあラブホでも行くかな」
 高原のラブホに一人で入り、シャワーを浴びて二時間お昼寝。帰宅した。

劇団?!唐りんご組

更新日:2020年07月29日|書いた人:唐りんご組

コロナ禍のなか始まった、唐十郎の戯曲を久保井研(劇団唐組)さんとオンラインで読む会。
毎週水曜日。有料。1000円。

参加申し込みは
クレジット決済可能な方(ネオンホールのBASEサイト)
クレジット決済以外(店頭払い)をご希望の方(ネオンホールメール)※件名に唐りんご組とご記入ください
メーリス参加希望の方※件名に唐りんご組とご記入ください


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る