nepontop11.jpg

Blog rssicon

週刊 中川よしのの400字 308

更新日:2019年11月12日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20191112-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
主な作品に『明るい家庭内暴力』、『しねのわ』、
『祝祭』、『罪はすべて許し給う』など。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

週刊 中川よしのの400字 307

更新日:2019年11月05日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20191105-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
主な作品に『明るい家庭内暴力』、『しねのわ』、
『祝祭』、『罪はすべて許し給う』など。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

長野市民日記 285

更新日:2019年10月30日|書いた人:【連載】長野市民日記

NSZW20191030-01.jpg

 今日、友達の手伝いをした。
便利屋のボク。本日は哲也君(男・36才)の引越しの仕事。哲也君が仕事の関係で埼玉県熊谷市に移住するのでその手伝い。
「どこのアパートかや?」
軽トラを運転しながら質問するボク。
「ちょと待っててマップ見てるから」
熊谷市郊外にやってきたボク達。この土地には始めてきた。田んぼと畑と雑木林と密集していない家々で構成されている風景。”ザ関東平野”という感じ。
「あ、ここだわ~」アパートに到着。二階に冷蔵庫や洗濯機を運ぶ。30分で作業終了。
窓をあけて電子タバコを吸うボク。
「なんか黒い家がある」前方百メート先に丸焦げになった家が見える。正直不気味。
「あれ愛犬家連続殺人事件があった家」
”夜、幽霊とか怖い”という哲也君。
「ほんじゃ、御守り買いに行こうぜ!」
熊谷の大きな神社に御守りを買いにいった。

週刊 中川よしのの400字 306

更新日:2019年10月29日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20191029-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
今節にて連載7周年目に突入。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

週刊 中川よしのの400字 305

更新日:2019年10月23日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20191022-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
今節にて連載7周年目に突入。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

長野市民日記 284

更新日:2019年10月20日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、おばさんの手伝いをした。
 最近、おばさん家族が被災した。台風19号の大雨で千曲川が洪水。家が浸水した。水が引いたので後片付けに来たのである。
「うわ~ドロドロだ~!」
おばさん宅の床上一mにあるものは全て泥水で濡れていた。泥も溜まっていた。
「ほんじゃあタタミ運ぶね~!ん!?」
タタミ一畳を一人で持ち上げようとしたらダメだった。水を吸ってしまったタタミはもの凄く重い。男四人で運んだ。
「ほんじゃあ布団運ぶね~!重っ!」
重かった。水を吸った敷布団も重くて持ち上げることはできなかった。ただ一人でも引きずって外に出すことはできた。
「ほんじゃあ捨ててくるね~」
外に出したものを軽トラに積み指定された場所に捨てに行った。男四人で。
日が暮れるまで作業。まだまだ作業必要。
「また明日も来るね~」帰った。

週刊 中川よしのの400字 304

更新日:2019年10月16日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20191015-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
今節にて連載7周年目に突入。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

長野市民日記 283

更新日:2019年10月10日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、稲刈りをした。
 本日は叔母さんの手伝い。稲刈りの手伝い。
 マシーンで刈った稲束を集める。
 「いや~稲刈りって一年に一度はやっておきたいよね~」
 もともと兼業米農家に生まれたボク。稲刈り作業は心の健康に良い気がする。   
 「立てま~す!」
 稲束を干すための稲木を組み立てる。スチール製の三脚とはぜ棒を接続して組み立てる。  
 「あれれ?うまくバランスがとれない!」
 稲木は構造物につき構造力学的な感覚を要する。正直うまくできない。
 「ヘタクソだな~。こうやるんだよ」
 叔母さんが手馴れた手つきで組み立てる。
 稲木四列完成。はぜ掛け開始。
 「ふんふん!」稲木に稲束をかけていくボク。
 ふと見ると後ろで叔母さんが作業している。 
”ガチャピンの着ぐるみ”で作業している。
 毎年恒例、ハロウィン系稲刈りなのだった。

週刊 中川よしのの400字 303

更新日:2019年10月09日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20191008-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
今節にて連載7周年目に突入。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海

週刊 中川よしのの400字 302

更新日:2019年10月01日|書いた人:大沢夏海

NY400w_20191001-01.jpg

■中川よしのプロフィール
1975年、石川県生まれ、既婚男子@おじさん。
1994年より小説を書き始め、現在に至る。
今節にて連載7周年目に突入。

■デザイン
ネオンホール内 わいきき制作室 大沢夏海


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る