nepontop11.jpg

Blog rssicon

長野市民日記-210

更新日:2017年08月20日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記-210

 今日、兄と兄の彼女と話をした。
 ボクはカフェを経営している。お客が五人入れば満員の小さなカフェを。
 「自分にはそんなチャンスは無かったっていう。ショックだったっていう」
 ミス長野市に応募し、書類選考で落とされてヘコむ兄貴の恋人アッキー(25才)。
 無念な気持ちをカウンターごしに述べてくる。「うんうん」と聴くボク。
 「うんうん」聴いていると外でバイクの止まる音がした。”カラリン”とドアが開く。
 「イエ~イ!会いたかったぜベイビ~!」
 兄貴のコウジ(26才)だった。
 コウジとアッキーはデートに行く時、この店で待ち合わせる。
 「弟よ!カプチーノを一杯おくれ!」
 「コウジ、今日はドコ行く?っていう」
 「海が見えるラブホ!」
 「オ、オッケーだっていう」
 この二人、本日婚約しました。

週刊 中川よしのの400字 194

更新日:2017年08月15日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20170815-01.jpg

■中川よしのプロフィール
今の仕事も辞めずに小説を仕事にしたい。そんなイタいことを考えている42歳のおっさん。元高校球児、元バスケ青年。既婚。
今まで好きになった女の子は数知れず。フラレてばかりの人生でした。
サーティンワンやモスバーガーの店員さんなどに小さな恋をしたい。

長野市民日記-209

更新日:2017年08月11日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記-209

今日、夏祭りに行った。
 村の神社の夏祭り。遊びに行ったわけではなく消防団の仕事で行ったのである。
 出店が沢山並び、村人も沢山来ている。ゆかた姿でワタアメをもつ女子がまぶしい。
 ”バチバチバチ・・・シュワー”
 スターマイン(花火)に見入る人々。
 「もう少し離れてください!火のコが飛んであぶないんでもう少し離れてください!」
 村人達の安全を確保するボク。
 「ウ~もう飲めね~ダメだ~」
 「大丈夫!?ゴローさん!?」「ダメだ~」
 祭りの酒を飲み過ぎてうずくまっているジやんを保護するボク。
 「うんしょ!」背負って家まで届ける。
 そして祭りは夜11時に終了。
 祭りが終わってから始まるのが消防団の飲み会。詰め所にて日本酒祭り。深夜になり。
 「ウ~もう飲めない~ダメだ~」
 ボクも仲間に背負ってもらった。

店番にっき 20170809 ネオン吹奏楽部

更新日:2017年08月11日|書いた人:大沢夏海

学生の時吹奏楽してて、地域の楽団に入るわけでもなく
かといって楽器も持っているんだけどあえて一人で吹く場所探すあてもなく。。
という人たちが集まって楽しく吹いたりおしゃべりしたりしています。

みんな初見で吹いちゃうからすごい。楽譜読めるって楽しそう。

団員というか、楽器持ってて、ゆるく吹きたい人募集中。

週刊 中川よしのの400字 193

更新日:2017年08月08日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20170808-01.jpg


■中川よしのプロフィール
今の仕事も辞めずに小説を仕事にしたい。そんなイタいことを
考えている42歳。元高校球児、元バスケ青年。既婚。
今まで好きになった女の子は数知れず。フラレてばかりの人生でした。
マクドナルドやモスバーガー、ドトールの店員さんなどに小さな恋をしたい。

週刊 中川よしのの400字 192

更新日:2017年08月05日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20170805-01-01.jpg

■中川よしのプロフィール
今の仕事も辞めずに小説を仕事にしたい。そんなイタいことを
考えている42歳。元高校球児、元バスケ青年。既婚。
今まで好きになった女の子は数知れず。フラレてばかりの人生でした。
マクドナルドやモスバーガー、タリーズの店員さんなどに小さな恋をしたい。

長野市民日記-208

更新日:2017年07月30日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記-208

今日、イトコと会った。
 母方のイトコ、大吾郎(男・30才)が仕事で近所の商店街に来た。
 大吾郎は旅のチンドン屋。日本全国を回って新しく開店するお店の宣伝をしている。
 商店街に串カツ屋がオープンするあたって宣伝活動をする大ちゃんと仲間達。
 「串カツ屋カッちゃんオープンで~す」
 チラシを配る大ちゃん。顔を白ぬりしてカンカン帽をかぶり、赤と黄の和服を着ている。
 「ドドンガドンドン(♪)」
 「プープヒャプププー(♪)」
 彼の後に続くチンドン太鼓とサックスの仲間二人(白ぬり)。チンドン屋名物『竹と雀』を演奏して歩く。
 「チラシで~す」
 ”しゅごい!”ボクは思った。こういうことをして日々を生きるって凄いと思った。
 「弟子にして欲しい!」
 ボクは大ちゃんにお願いした。

週刊 中川よしのの400字 191

更新日:2017年07月26日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20170726-01.jpg

■中川よしのプロフィール
今の仕事も辞めずに小説を仕事にしたい。そんなイタいことを
考えている42歳。元高校球児、元バスケ青年。既婚。
今まで好きになった女の子は数知れず。フラレてばかりの人生でした。
マクドナルドやデニーズ、タリーズの店員さんなどに小さな恋をしたい。

長野市民日記-207

更新日:2017年07月21日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記-207

 今日、人に声をかけられた。
 近くの商店街に”マイヒメ座”という映画館がある。その映画館の入口横のベンチが好きなボク。
 「これおいヒ~。ペロペロ」
 今日もベンチに座ってガリガリ君梨味をペロペロしていた。すると・・・。
 「神様っていると思う?」
 おばちゃんに声をかけられた。60才くらいおばちゃん。オシャレな帽子をかぶり緑色のUVカットグラスをかけている。
 「神様って言っても神社とかにいる神様じゃなくて唯一絶対の神様ね。いると思う?」
 おばちゃんがボクにきいてくる。
 「いると思いましゅっ!」
 「じゃあコレ買ってよ!千円で!」
 カバンからTシャツを出したおばちゃん。
 ”神様万歳”と白地に黒で大書してある。
 「かっけ~」商談成立。ボクはそれを着てガリガリ君をペロペロした。

週刊 中川よしのの400字 190

更新日:2017年07月21日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20170721-01.jpg

■中川よしのプロフィール
今の仕事も辞めずに小説を仕事にしたい。そんなイタいことを
考えている42歳。元高校球児、元バスケ青年。既婚。
今まで好きになった女の子は数知れず。フラレてばかりの人生でした。
マクドナルドやセブン、タリーズの店員さんなどに小さな恋をしたい。


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る